【日本脱出】のメリットとデメリット⎟【海外移住を考えている人向け】

スポンサーリンク

毎度です、マメです。

 

今回の記事では 『自分は日本に合っていないのではないか?』 『自分に合う国は日本以外にあるのではないか?』 などと漠然と思っていて、海外に移住するという選択肢もありだなと考えている人達向けです。

私が海外生活を始めた頃に比べれば海外移住はそこまでハードルも高くなくなり、だいぶ身近になってきました。

とは言っても、やはり一度も海外に出たことがなかったり海外生活の経験がないとピンとこないことも多いですよね。

日本脱出、海外移住をすると実際にどんなメリット、デメリットがあるのか、海外移住歴20年を超えてしまった私が実体験に基づいてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

海外移住の目的は?

一言で海外移住と言っても目的によって場所や期間が変わってきます。

その為の準備や資金なども変わっていますよね。

日本プチ脱出、プチ海外移住も全然ありだと思います。

あなたの目的は何ですか? 

❐ とりあえず旅をして色々な国をみたい

バックパッカーはこれにあたりますね。私も出発はバックパッカーです。

もしリモートで仕事が出来る環境にある人は仕事をしながらでも行きたい場所に行けるのでノマドワーク的なライフスタイルが可能です。

→経済的な心配をしなくて良いので大きなメリットですね。

まず数ヶ月間でも日本を脱出してみて他の国を知ることは素晴らしいことです。

そこで色々な物を見て色々な人に会い、今までになかった価値観に衝撃を受けたりしながら自分がどんな国に合うのか見極めて行けば良いのでしょう。

自分の行きたい国、興味のある国を選ぶのが基本です。私の場合は東南アジア、インドでしたがヨーロッパなども良いですね。

両者とも隣国同士が密接しているので一度の旅で色々な国に行けるのがメリットです。

*ただ、東南アジアに比べてヨーロッパはコスト的に大分高いです。ヨーロッパにいくのであれば旅の資金調達に多少時間がかかります。

❐ 英語をを勉強したい

英語を勉強したくて海外留学を考えている人も多いと思います。

そういう私も東南アジア、バックパッカーの旅を終えた後アメリカに語学留学が目的でやってきました。

英語が話せると色々な可能性が広がるので自己投資としてはおすすめです。

日本でのキャリアアップに役立てたい人、海外で就職をしたい人、あるいは世界の色々な人達とコミュニケーションがとりたい人など目的は様々でしょうが英語学習に興味があるのであればぜひ挑戦してみましょう。

英語学習でおすすめの国ですがズバリ、フィリピンです。

実は、私自身フィリピンには行ったことありません。

行った事ないのにおすすめする理由はというと、彼らめちゃ綺麗な英語を話すからです!!

アメリカに住んでいるとフィリピン人に会う機会は多いのですが、ネイティブと変わらない英語を話す人がとても多いのが印象的です。

せっかく英語を勉強するなら、訛りのない綺麗な英語を学んだ方が良いのは間違いないです。

授業料、滞在費などのコスパもアメリカなどと比べて断然良いのも大きなメリットですね。

以上の理由から、私がもし初めから英語学習のために留学するのであればフィリピンです。

*アメリカも良いですが場所を選びましょう。物価が高いところはべらぼうに高いし日本人が多くて英語の伸びが限られてくるエリアも多数あります。

❐ ワーキングホリデービザを利用する

ワーキングホリデービザで合法的に働きながら滞在し、その国の事を知るのも手です。

現在日本からはオーストラリア、ニュージーランド、カナダなどをはじめ世界24ヶ国の国々にワーホリで滞在することが出来ます。

ビザの心配をしないでかつ合法的に働けるステータスは貴重です。

年齢制限などがありますがもし行きたい国がワーホリで滞在出来るのであればトライしてみても良いのではないでしょうか。

❐ 現地で実際に働いて住んでみたい

こうなってくるとハードル一気に上がってきます。

ビザや語学力の問題などでアメリカや西ヨーロッパなどは難しいですね。

全く無理ではないですが、大分狭き門になります。日本で自分の行きたい国に支店がある会社に就職して海外に派遣してもらうと言うのが現実的。

その点東南アジアの国々であればビザの面でも現地採用の可能性の面でも大分ハードルが下がります。

もちろん物価の安い国なので日本に比べて給与は下がりますが、その分生活費も安く上がるので生活していけるだけの給料はもらえるはずです。

海外移住、日本脱出のメリットとデメリット

私の経験から海外移住、日本脱出のメリットとデメリットをまとめてみました。

『メリットの方が多いな!! 』『デメリットもあるけどそれほど気にならない』という人は現時点で海外生活適応が高いので、すぐに日本脱出しましょう!!

❒ 日本脱出のメリット① ⎮ 日本という国の良さがわかる

日本に住んでいた時には全く気付かなかった日本の良いところは以下の通り。勿論、まだありますがメインはこんな感じです。

  1. 美しい四季があり、文化、生活に色濃い影響を与えている。
  2. どの国よりも長い歴史があり、固有の文化を形成している。
  3. チップの文化が無い。メシが安くて美味しい。
  4. 基本安全。銃が法律で規制されている。
  5. 基本サービスの質が高い。
  6. 国民皆保険がある。

いっぱい良いとこあります、日本。

我が国は基本とても良い国です、働かなくて良ければ、、、

サービスを提供される立場であればとても快適な国ですが、逆に提供する立場になると厳しいですね。

『お客様は神様』とか訳の分からない事言うし、クレーマーは多いし、、、この辺が絶対無理ですね、個人的に。

❒ 日本脱出のメリット②⎮自分が日本人である事の再認識

日本にいる時はぶっちゃけ自分が日本人であるという認識があまりないというか考えたことがありませんでした。

海外に出ると自分が『母国日本』の看板を背負っていることに気づかされます。

この辺の話の詳細はまた別の記事で詳しくお話したいと思いますが、先人の努力で築きあげられた『日本人=勤勉で信頼に足る』という”プランド”のおかげで実際、我々は海外で色々な恩恵を受けています。

ちょっと大げさですが、現在に生きる日本人はは先人が築きあげたこの信頼というブランドに傷を付けてはいけないと思いという事に気付かされますね、日本を脱出すると。

❒ 日本脱出のメリット③⎮ 日本以外の常識や価値観を体感できる

“日本の常識=世界の常識”では全然ありません。自分の価値観にあった国で生活出来れば人生が断然豊かになります。

以下は日本と比較したアメリカの常識です。

すべての国でと言う訳ではないでしょうが、多かれ少なかれ多くの国で当てはまると思います。

 

  1. 仕事とプライベートの割り切りがはっきりしている
  2. 自己主張に関する概念の違い。自由に発言できる環境
  3. 失敗や他者との相違に寛容
  4. 基本、日本よりプレッシャーが少なくリラックスしていてる
  5. 良くも悪くも人目を気にしない

 

日本の社会不適合者には結構”ささる”項目が多いのでは?

大分日本と違うので私自身も海外移住当初は戸惑いました。が、今となればすっかり自分の中に浸透してしまっています。

一言でいうと海外の方が “おおらか”ですね。そう考えると何事も日本並みにきっちりとしたい人は海外ではきびしいかもです。基本、テキトーですから 笑

❒ 日本脱出のデメリット①  ⎮ 年齢の問題にぶつかる

さて、ここからはデメリットを考えていきたいと思います。

日本脱出する年齢によるのですが、帰国して再就職をする際に日本の悪習 “年齢制限”に直面するかもしれません。

ちなみにアメリカではこれが全くないかと言うと語弊がありますが、法律上年齢によって応募者の合否の差別は違法です。

面接の際に年齢を聞くのもアウトです。

今だに就職における年齢制限が平然と横行している日本では、帰国後改めてキャリアを積んで行こうとしている人にとってちょっと厳しい現実ですね。

❒ 日本脱出のデメリット②  ⎮ 日本の知人と疎遠になっていく

長く海外に住んでいると避けられない問題です。

家族はもちろん知人、友人、前職の関係者など時間を共有する頻度は劇的に減るので疎遠になってしまうのは自然の成り行きです。

海外で日本に以上に優良な人間関係が構築出来れば良いのですがなかなか難しい事が多いのも切実な悩みの1つです。

また、両親の健康問題なども結構シリアスですね。

この辺が理由で日本に永久帰国する人達も実際多いです。

❒ 日本脱出のデメリット③  ⎮ 医療保険の問題

れはメリットの項目でも出ましたがけっこう大きな問題です。

海外で病気、怪我などをすると日本の様にあまりお金の事を気にしないで病院にいく事が出来ません。

特にアメリカは医療費がべらぼうに高く、さらに日本の様な自己負担の少ない国民皆保険がないので大きな怪我や病気をすると莫大な金額を請求されます。

入院などしたら偉いことですし、救急車呼んだらそれだけで$500くら軽く請求されます。

そんなな事情もあってアメリカは “金持ちしか長生きできない国” として有名です。歴代大統領の平均寿命が一般国民のそれを大きく上回っていると言うのがまさに真実を物語っています、、

❒ 日本脱出のデメリット【番外編】  ⎮ 社会不適合に拍車がかかる

日本脱出のメリット③でお話した日本以外の常識、価値観が染み付くともう日本社会では完全に”変人認定” です。

その価値観を日本の伝統的な会社組織にでも持ち込もうなら村八分でしょうね、、、

さらに、私の様に日本の冠婚葬祭だったりを海外にいると言う理由でスキップしまくっているとその辺の常識が完全に欠落した人間に育ってしまいます。

もう開き直って”日本脱出した海外在住の変人”と言う事で日本では大目に見てもらっています 笑

 

まとめ

さて、日本脱出、海外移住のメリット、デメリットを見てきてどの様に感じたでしょう?

メリット、デメリットは参考にしていただけたら嬉しいですが、個人的には人生は一度しかないので日本に違和感を感じていたり単純に海外に出てみたければとりあえず行動してみるべきだと思います。

自分で考えて決めて行動する。これに尽きます!!

両親や他の誰かに決められて進んだ道だと事が上手くいかなかった時の後悔が半端ないですよ。

“あの時やっぱりああしておけば、こうしておけば良かったのに、、” となります、間違いなく。

自分で決めて行動すればどんな結果になっても全てにおいて納得が行くでしょう。

 

「失敗しても後悔しないのはわかっていたが、たった一つ後悔していたかもしれないのは、試さないことだ」

ジェフ・ベゾス (amazon.comの創業者)

 

ブログ記事一覧へ≫

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!