どうする夏のマスク熱中症対策?コロナ・マスクで熱中症リスク増加

スポンサーリンク

 

今回、注目していきたいのが、コロナの世界的な感染拡大に伴って、まさに生活の一部・必需品となったマスク。

 

そのマスクの特に「熱中症対策」についての話題です。

 

実際に事故の報告や、医療関係者からの注意も報告されていますが、マスクの着用と熱中症のリスクには大きな関連性があります。

 

コロナ防止のためにマスクはしなくてはいけないし、かといって熱中症は怖いし、、、なかなか切実な悩みです。

 

この記事では、これから夏に向かって気温が上昇する中、どうコロナ対策と熱中症対策を両立させて行くべきかを見ていきたと思います。

 

熱中症になるメカニズム

熱中症 (1)

 

熱中症の対策をするためには、まずどのようなメカニズムで熱中症が引き起こされるのか?を知る必要があります。

 

以下、熱中症とは?そして熱中症になる原因とその症状を専門家の意見をベースに見ていきたいと思います。

 

熱中症とは?熱中症になる原因と症状

 

熱中症とは?

大量に発汗し体内の水分や塩分が失われたり、体温の調節機能が効かなくなったりした結果、発生する症状の総称。気温・湿度が高い状態の中にいたり、激しい運動をしたりすることによって引き起こされる。めまい、頭痛、体温の上昇、けいれんなどが代表的な症状で、軽い症状で済む場合から、命に関わるほど重篤になるケースまでさまざま。(参照 : Doctors File

 

【熱中症】

大量の汗をかくことで、体の水分塩分が減ってしまい、体温調整が出来なくなること。

 

 

熱中症になる原因

体内で過剰な熱が作り出されていたり、熱の放出がうまくなされなかったりする状態が主な原因となる。こうした要因が大量の発汗を引き起こし、汗とともに体内の水分や塩分などが消失することで、血圧の低下や筋肉の硬直といった症状をもたらす。(参照 : Doctors File

 

【熱中症の原因】

1、体内での温度が上昇し過ぎる

2、体内からの熱の放出がうまくできない

* ➡︎これにより大量の発汗 ➡︎汗と一緒に塩分・水分がなくなる ➡︎血圧低下、筋肉硬直

 

*実は熱中症は、強い日光や反射熱にさらされる屋外での運動だけでなく、高温多湿の環境下では屋内であっても注意が必要だという事です。

 

熱中症の症状

代表的な症状としては、だるさ、吐き気、めまい、あくび、顔の火照り、筋肉痛、筋肉の硬直、頭痛、高体温、大量に汗をかく、などが挙げられる。
(参照 : Doctors File

 

 

 

スポンサーリンク

気づかぬうちに体温上昇・マスクで熱中症のリスク増加

増加

 

 

コロナの影響で熱中症になりやすい!?

今年は、コロナウイルス流行のために、より熱中症にかかるリスクが高い状況にあるようです。

 

筋肉は体の中で、最も大きい水分の貯蔵庫なのですが、コロナの影響で多くの人は運動量が格段に減っており、筋肉が全体的に衰えています。

 

そうなると、

筋肉量の減少=体内にとどめておける水分量が減少

となってしまい、脱水症状を例年よりおこしやすということです。(参照 : YAHOOニュース

 

マスクで熱中症のリスク増加

暑い中マスクをすることにより、熱中症にかかるリスクが増加します。

 

具体的な原因は、「体温の上昇」と「喉の渇きに気づきにくい」です。

 

体温の上昇

上の動画にもありますが、暑い中、さらにマスクをしているので体温が上がりやすくなる傾向にあります。

 

そうなると、体の中に熱がこもってしまい、体温調節しにくくなるというリスク出てきますね。

 

真夏の日本でマスクを日常的にかけるというのは、単純に考えても危険すぎますね。

 

ほぼ拷問です!

 

喉の渇きに気づきにくい

もう1つは、マスクをつけっぱなしで生活していると、口の中の渇きが緩和されてしまいます。

 

そのために、喉の渇きに気づきにくくなり、ついつい水分補給を怠ってしまいがちです。

 

本人の自覚がないうちに、脱水症状を引き起こすというパターンですね。

 

皆さんの声・反応

 

さすがに夏マスクは無理

夏にマスクとか拷問でしょ。 コロナよりマスクで熱中症死亡の高齢者の方が増えるだろうね。

たった20分の外出で口の周りがぐしょぐしょになってキツかったわ。 汗っかきだから夏日のマスクはつらい。

 

いやー、確かに「夏マスク」は相当厳しいですね。

コロナも怖いけど熱中症も怖い!!

 

以下、夏マスクの熱中症対策を見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

どうする夏のマスク熱中症対策?

心がけ (1)

 

マスク熱中症の対策としては、以下の事柄が有効であるとされています。

 

・マスクをして運動をしない

・こまめな水分補給

・体を冷やす服装をする

・暑さを避ける・室温の管理

・クールマスクを試してみる

 

以下、順番に見ていきましょう。

 

マスクをして運動をしない

マスクをかけての運動は、負荷がかかった状態で息を吸うので、体温の上昇に拍車をかけます。

 

中国でも先月24日、中学校で体育の授業にマスクを着けてグラウンドを走っていた中学生が倒れて死亡した事件があり、話題になっていますね。

 

今のところ、死亡原因がマスクであるかどうかは明らかになっていませんが、マスクが原因である可能性が大なのではないでしょうか。

 

マスクをして自転車を激しく漕ぐことも、控えた方が良いと思います。

 

こまめな水分補給

暑い日には知らないうちに汗をかき、気づかぬうちに体内の水分が失われているものです。

 

ポイントは、喉の渇きを感じる前から、こまめに水分を補給することです。

 

水分補給に適しているのは、スポーツドリンクや経口補水液OS―1など。

 

カフェインやアルコールなどが多く含まれている飲み物は、利尿作用があるのでNGです。

 

*スポーツドリンクは糖分を多く含むので、飲み過ぎに注意です!

 

体を冷やす服装をする

理想としては、外からの熱の吸収を抑えて、体内の熱をスムーズに放出できる服装です。

 

襟や袖口があいたデザインは、通気性が良く体を冷やすのに効果的。

靴→サンダル

パンツ→半ズボン

靴下→素足

など、可能な範囲で服装でのクールダウンを心がけましょう!

 

*服装は、仕事上なかなか難しいことも多いと思いますが、テレワークの方や休みの日などできる範囲で!

 

暑さを避ける・室温の管理

外出する際にはなるべく日陰を歩き、帽子や日傘などで直射日光を避けるようにしましょう。

 

室内ではブラインドなどで日光を遮り、扇風機やエアコンで室温や湿度を常に調整すること。

 

後、休憩もこまめに入れて水分を補給し、体に負担がかからないように心がけましょう。

 

クールマスク【夏マスク】を試してみる

マスク熱中症にはクールマスクも、一定の効果があるようです。

 

効果の感じ方には個人差があるようですが、試したことがない人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

通常のマスクより「数段心地よい」という意見が多いですね。

 

オススメの涼しい冷感【夏マスク】

 

 

どうする夏のマスク熱中症対策【まとめ】

まとめ

 

以上、どうする夏のマスク熱中症対策?熱こもり気づかぬうちに体温上昇!でした。

 

それでは、簡単に今回の記事のおさらいすると

 

マスクで熱中症のリスク増加するのは、

✅気づかぬうちに体温が上昇

✅喉の渇きに気づきにくい

と言ったことが原因。

 

「マスク熱中症」の対策としては、

・マスクをして運動をしない

・こまめな水分補給

・体を冷やす服装をする

・暑さを避ける・室温の管理

・クールマスクを試してみる

と言ったことが、有効であるとされている。

 

 

どれも気をつければ、そこまで難しくなくできる対策なので

 

皆さんも夏に向けて「マスク熱中症対策」

 

ぜひ、実行してみて下さい。

 

 

 

 

ブログ記事一覧へ≫

 

 

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!