福井で祖父が高2の孫娘を刺殺!?動機は?認知症が原因?複雑な家庭環境が背景に

スポンサーリンク

ショッキングなニュースが飛び込んで来ました!

 

福井市で、16歳の女子高生が一緒に住む86歳の祖父に殺害されたという事件です。

 

とても可愛がっていたという祖父の手にかかり、16歳という若すぎる命を絶たれた被害者…

 

なんとも悲惨な事件ですが、事件の背景となる複雑な家庭環境や殺害の動機などまだ謎が多いだけに、ネットを中心に世間の反応・インパクトも大きいようです。

 

そこで、今回の記事では、

 

►福井で86歳の祖父が高2・16歳の孫娘を刺殺!?

►複雑な家庭環境が事件の背景に…

►なぜこんな事件が…動機は?認知症が原因?

 

といったところに注目してみたいと思います。

 

福井で86歳の祖父が高2・16歳の孫娘を刺殺!?

事件現場

 

それでは福井市で起きた祖父による孫娘刺殺事件の概要を見ていきましょう。

 

事件の概要

事件が発覚したのは9月10日の深夜0時過ぎ。被害者の女子高生の父親から「娘が倒れて動かない」と110番通報がありました。

 

警察によると、被害者には抵抗した形跡が無いことから、寝ている間に刺されて命を落とした可能性が高いということ。

 

被害者には鋭利な刃物による傷跡が複数あったということです…

 

110番をした父親は容疑者の祖父から連絡を受け、祖父と孫娘が住む家に駆けつけ娘が息をしていない状況を発見した模様です。

 

同日深夜、殺人の疑いで同居する祖父(86)は逮捕されました。容疑者は、認否を明らかにしていないと言うことです。

 

スポンサーリンク

複雑な家庭環境が事件の背景に…

事件現場

 

今回の事件にはいくつか不思議な背景があり、それが理由で多くの注目を集めています。

 

まずは事件となった家族の「複雑な家庭環境」です。

 

複雑な家庭環境

被害者の女子高生は、両親がいるにも関わらず一緒に暮らさずに、容疑者となった祖父と7月頃から同居していたそうです。

 

両親が健在なのに一人暮らしの祖父と一緒に暮らすと言うのは少し??な感じですよね。

 

報道では被害者の両親が「夫婦喧嘩」が絶えないことから、祖父と暮らすことになったと言うことですが… 夫婦喧嘩が多い両親は一緒に暮らして、被害者となった娘は離れて祖父との生活を選んだと言うことのようです。

 

ただ、そういった選択をした事実を見ても、祖父と孫娘の関係は良好であったと言えると思うのですよね、少なくも同居を始めた7月は。7月から事件が起こってしまった2ヶ月の間に2人の間にいったい何があったのでしょうか…

 

祖父は妻がいますが、病気のために入院中で1人暮らしをしていた模様。被害者の両親が食事などの世話をしていたそうです。

 

もしかすると、一人暮らしをしている祖父のお世話も兼ねて被害者となった孫娘が一緒に住むことになったのかもしれませんね。

 

ただ、それにしてもそういった決断をする前提として、同居する祖父と孫娘の関係は良好であったに違いありません。

 

それがなぜこんな悲惨な結果となってしまったのでしょうか?

 

以下、事件の背景や動機について見ていってみましょう。

 

スポンサーリンク

なぜこんな事件が…動機は?認知症が原因?

クエスチョン

 

再び事件を振り返って見ると、被害者が発見されてた際の状況は、

・争ったり、被害者が抵抗した形跡が無い

・寝ている際に殺害された可能性が高い

 

以上の事実から、考えられる容疑者が孫娘を殺害に至った経緯・動機は、

① 抑えようの無い深い恨み、強い殺意があった

② 容疑者が何らかの理由により、精神的に正常ではなかった

 

上記の2つのうちのどちらかになると考えられます。

 

ここで、今回の事件に関するネットの声を見てみましょう。

 

事件に対するネットの声

祖父がまだ16歳の孫娘を殺害だなんて聞いたことのない事件です。寝込み、しかも殺害後に息子に電話をしているなら、認知症ではないような?手入れされた立派なお宅ですし、すごく不思議です。

 

別の記事では、近所の人が『認知症の症状があった。町内会の集まりを忘れたり、受け答えがはっきりしないことも』など言っているそうですね。今のところ警察での受け答えはしっかりできているのかもしれないが、実は認知症だったかもしれないですね。

 

やはり、事件の背景から見ても祖父が「認知症」だったのでは?と言う声が上がっていますね。

 

容疑者は、被害者となった孫娘をとても可愛がっていたと言う報道もあるので、その可能性は高いかもしれません。ただ、両親はそのような状況を把握していなかったのでしょうか?

 

大事な娘と同居させる人物がたとえ祖父だとしても、もし危険だと感じたらそのような決断は普通しないような気がするのですが…

 

容疑者の事件後の対応がしっかりしていた事や、家の手入れが行き届いていることなどから「認知症説」に??な意見も多いようです。

 

まだ現状では??な事が多いですが、これから警察の取り調べで、容疑者の事件に至った動機や背景が明らかになっていくでしょう。

 

この記事でも引き続きこの事件に注目し、新たなニュースが上がりしだい記事を追記していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

福井で祖父が高2の孫娘を刺殺!?動機は?【まとめ】

まとめ

 

以上、福井で祖父が高2の孫娘を刺殺!?動機は?認知症が原因?複雑な家庭環境が背景にでした。

 

ここで簡単に、今回の記事のおさらいをしてみたいと思います。

 

►福井市で高2の孫娘が86歳の祖父に刺殺される事件が発生

►被害者は寝ている間に無抵抗のまま殺害された模様

►事件の背景には複雑な家庭環境が関係か?

►動機や事件の背景はまだ不明だが、容疑者の認知症が関係している可能性が

 

ちなみに、認知症の薬を摂取した際の副作用として、以下の様な症状が報告されています。

(1)吐き気や嘔吐、食欲不振、下痢、腹痛など消化器症状
(2)不整脈の一種である「徐脈」
(3)興奮しやすくなったり、頭が混乱する、などがあります。*「易怒性」(ささいなことで不機嫌になる、怒りだす)が少ないと思われるメマンチンも、感情が激しく高ぶる「激越」の副作用が出ることがあります。(引用 : 全日本民医連

 

いずれにせよ、無くなってしまった尊い命は帰ってきません。

 

どの様な背景で被害者がこの世から去らなければならなかったのかは、今後の捜査で明らかになると思いますが、両親の心情を考えるといたたまれませんね。

 

良かれたと思って祖父と同居させたが故に、結果として自分の父親によって娘を手にかけられる結果になったしまったのですから…

 

被害者のご冥福をお祈りし、事件の一刻も早い解明を期待します。そして、今後同じ様な悲しい事件が起きないことを切に望む次第です。

 

 

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

オススメ記事: 石垣のりこTwitter炎上!?体を壊す癖やレイシスト発言まとめ

 

 

ブログ記事一覧へ≫

 

スポンサーリンク
福井で祖父が高2の孫娘を刺殺!
最新情報をチェックしよう!