【事実】英語=目的達成の為のツールにすぎない件

スポンサーリンク

毎度です、マメです。

 

“英語が第一言語の国” で暮らして早20年になりました。

英語と関わっている皆さんは、英語と普段どのようなスタンスで接していますか?

私は、全くの英語初級者の状態からスタートして20年間アメリカで生活し、「英語=目的達成の為のツール」にすぎないを日々実感しています。

今回の記事では「英語=目的達成の為のツール」に関する所感を、英語圏での生活歴20年の私がお話しさせていただきます。

英語を勉強している人、これから始める人、海外で英語と関わって生活している人たち、ビジネスマンにとって、英語との関わり方を再考するきっかけになる記事となっています。

スポンサーリンク

目的と手段

いきなり結論ですが、英語とは「目的達成の為のツール」にすぎません。

つまり、 “英語とは他者とコミュニケーションを取る「目的」達成の為の「手段=(道具/ツール)」である” という事です。

これは英語を勉強している人や海外在住の日本人のなかでしばしば忘れられる事実です。

具体的な例を以下、見ていきましょう。

<英語の学習をしている人の場合>

「手段の目的化」と良く言われますが、英語学習においても頻繁に起こります。

英語を勉強するのは良いけど、具体的な目的設定が出来ていないので、英語学習=「目的」になっているパターンが典型です。

本来は、設定された「目的」達成の為の「手段」獲得の為の英語学習だったはずだのに、いつの間にか「目的」にすり替わっているケース。

英語を学習するにあたり、ある程度具体的な「目的」の設定はこの「手段の目的化」を防ぐ為にも必要です。

これも以下で詳しく見ていきますね。

 

*英語、英語学習が趣味でそもそもそれ自体が「目的」という人は例外なのでこれには当てはまりません。

 

<海外在住者の場合>

海外在住者あるあるですが、他者との英語力を比較して自分を卑下したり優越感に浸ったりしていませんか?

自分のプラスに作用する「他者との比較」なら良いですが、マイナスになるようならば意味がないのでやめましょう。

何度も言いますが、「英語=単なるツール」なので「ツール」の為にストレスを感じていたら生活の豊かさが減ってしまいます。

“比べるなら他者とではなく自分”です。

1年前、半年前、昨日の自分と比べて成長しているかどうかを比較しましょう。

もし、過去の自分に負けているようだったら、、、それは卑下した方が良いです。

 

<ビジネスマンの場合>

海外で活躍するビジネスマンの場合、特に「英語=単なるツール」の意味をしっかりと理解した方が良いでしょう。

海外で仕事をする際、多くの場合英語は “出来て当たり前” の前提条件であるという事です。

とはいえ、海外のビジネスマンが全員ネイティブ並みの英語を身に付ける必要はありません。

求められる英語のレベルは、各々のビジネスをする舞台によって変わってきます。

英語が第一言語の国なのかそうではないのか、会話やプレゼンがメインで必要なのか、テキストメッセージやメールのやりとりで済むのか。

目的」に応じて必要な「ツール」を効率的にゲットしていけば良い話です。

 

*「英語=単なるツール」なので海外で仕事が評価され、また成果を上げる為には英語という「ツール」を使いこなした上での “仕事内容” や “成果” が最重要という事実をしっかり把握しましょう。

 

なんで英語を勉強するの?目的の明確化

 

海外で活躍するビジネスマン、海外在住者、英語を勉強する人、英語をツールとして活用する為に各々の目的に応じた英語との付き合い方をすると良いでしょう。

以下、あなたの英語を必要とする目的を明確化してみてください。

 

<あなたが英語力を必要とするのはなぜですか?>

・他の国の人と英語でコミュニケーションがとりたい

・英語を学習して就職、転職に有利にしたい

・なんとなく話せたらカッコいい

・海外で生活がしたい

・ビジネスで英語が必要なので学習したい

その「目的」に最適な「手段」を選択してそのツールをゲットしていくのが目的達成の近道。

何度も言いますが、『英語=目的達成の為のツール』にすぎないです。

つまり、「目的」にあった「ツール」を持っていれば良い話。

例えば、英語が第二外国語の東南アジアとかで、”共通言語としての英語” を学ぶのであれば中級者レベルで十分。

対して、英語が第一言語の国、アメリカなどで生活するなら、日本のレベルで上級くらいにはなっておかないと何かと不便。(中級くらいでも生活は普通に出来ますが)

ビジネスならその仕事で必要とされる「ツール」を獲得すれば良い事。

英語という手段をゲットするということ

英語と20年間付き合ってきてつくづく思うのは、日本人にとっての英語習得の道は他の国々の人達と比べても多少厳しい。

あまり恵まれたスタート地点からの出発ではないと言うことです。

基本、日本では英語がなくても生活出来るので、英語と接する機会が少ないという事がありますが、他にも理由があります。

<理由>

・日本語、英語に類似性が少ない。(文法、発音)

・日本語に本来ない発音が英語には結構ある。(R, TH, V, など)

・英語が和製英語、カタカナ英語として多用されているが、発音や意味が本来の英語と違うことが多いので混乱しがち。

( 例 ):リベンジ、ビニール、ルーチンなど

 

特にスペイン語や他のヨーロッパ系の言語をバックグラウンドに持つ人達と比べると不利な点は多いです。

なので、最初に「目的」を明確ににしてからそれに合った「ツール」をゲットしていくのが効率的ですね。

 

まとめ

 

以下、今回の記事の再確認です。

<英語=「手段」「ツール」の認識が出来るようになるメリット>

 

・英語学習における目的の明確化=英語学習の効率化

・海外でビジネスをするにあたり英語はもちろん、それ以外の「手段」の必要性の認識。

・海外生活者=他人と自分の英語力を比較して変なストレスを感じなくなる。

・「目的」にあった「ツール」を選択して効率的に英語と付き合える。

 

私は、英語全くの初級者状態からアメリカで長年生活して何とかここまでたどり着きました。

“ここまでとはどこまでだ?” と言うツッコミごもっともです。

私の英語レベルですが、決してネイティブではありません。アメリカ西海岸で仕事をし、日常生活するのには困らないレベルです。

これが、外国人があまりいない保守的なアメリカ東部とか南部に行ったら同じ様に生活できるかはちょっとわかりません。

ぶっちゃけ、私の英語に全く日本語のアクセントがないと言うわけではないですし。

ただ、私は「目的」= “アメリカ西海岸で生活する” 為の「ツール」を持っているので現状問題なしです。

 

英語=「目的」達成の為のj「ツール」と言うと一見ドライな言い回しに聞こえるかもしれません。

とはいえ、英語は世界で人とコミュニケーションをとる為の欠かすことの出来ない自己表現、意思疎通方法です。

英語で会話をしたいと思うこと、英語に興味を持つこと、そして好きになることが上達の近道です。

 

 

ブログ記事一覧へ≫

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!