中国が弾道ミサイル発射!?米国を牽制か?米中戦争の引き金?

スポンサーリンク

 

日本時間の深夜に「ブレイキングニュース」が飛び込んで来ました!

 

中国軍が26日の朝、青海省と浙江省からそれぞれ中距離弾道ミサイルを1発ずつ、南シナ海に向けて発射した模様です。

 

中国の国防省は25日に、人民解放軍が実弾演習のために設定した「飛行禁止区域」に米軍のU2偵察機が侵入したと非難する声明を発表していました。

 

今回の弾道ミサイル2発の発射は、明らかに米軍のこの行動に警告を与える意図がありそうです。(出典 : 香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト)

 

さらにこのミサイル発射問題の背景には、関係が悪化する米中関係の様々な問題があり、ネットでは「ついに米中戦争か?」と言った声も聞かれます!

 

そこで今回の記事では、

 

►中国が南シナ海に弾道ミサイル2発を発射!?

►中国が米国を牽制?米国の偵察機が飛行禁止区域に侵入

米中戦争の引き金?米中間のつばぜり合いに対するネットの声!?

 

といったところに注目してみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

中国が南シナ海に弾道ミサイル2発を発射!?

ミサイル地図

出典 : (産経ニュース

 

今回、内陸部の「青海省」から発射されたミサイルは、射程約4千キロの「東風(DF)26」。

 

「DF26」は米軍基地のあるグアムを射程に収めることから「グアム・キラー」と呼ばれています。

 

また、海岸部の「浙江省」から発射されたのは「空母キラー」と呼ばれる対艦弾道ミサイル「DF21D」で、射程は1500キロ超。

 

2発とも、海南島とパラセル(中国名・西沙)諸島の間に中国軍が設定した演習海域に着弾した模様です。 出典 : (産経ニュース

 

〜追記(8月27日)〜

当初2発だと思われたミサイルの発射ですが、どうやら合計4発だったようです。

複数の米メディアによると、中国が26日に南シナ海に向けて発射した弾道ミサイルは4発だった。西沙(英語名パラセル)諸島と海南島に挟まれた航行禁止海域に着弾したとみられる。(引用 : 日本経済新聞

緊張が続く米中関係。引き続き動向を注目していき、何か新しい変化があったらまた追記していきたいと思います。

 

 

中国が米国を牽制?米国の偵察機が飛行禁止区域に侵入

偵察機

 

中国が2発のミサイルを発射した直接的な背景としては、前述の通り「飛行禁止区域」に米軍のU2偵察機が侵入した件があります。

 

中国の国防省は、軍が実弾演習のために設定した「飛行禁止区域」にアメリカ軍の偵察機が無断で入ったと発表し、「挑発行為だ」などと強く非難していました。

 

中国国防省の呉謙報道官は、アメリカ軍のUー2偵察機がこのエリアに無断で入り、中国側の演習を妨害した!と声を荒げており

 

「誤解やミスを誘発して海上や空中での事故にもつながりかねないあからさまな挑発行為で断固として反対する」

と言った声明を発表しています。(出典 : NHK NEWS

 

ただ、中国は今回問題となった「北部線区」以外にも黄海や南シナ海で、8月下旬からそれぞれ立て続けに軍事演習を行うと発表。期間中、この海域に入らないよう警告を出していました。

 

その背景には「台湾」や「香港」そして「尖閣諸島」問題で対立が続くアメリカに対して「警告」を与える意図が明確でした。

 

その中国に対してアメリカ側がカウンターで「警告!」を与えたのが「飛行禁止区域」への偵察機の飛行だったとみられています。

 

スポンサーリンク

米中戦争の引き金?米中間のつばぜり合いに対するネットの声!?

Twitterの反応

そのアメリカ側のメッセージに対して「ミサイルの発射」という形で応えた中国。

 

ネットやTwitterではこの中国の米国に対する明らかな軍事的な「警告返し」のメッセージに対して様々な声が上がっています。

 

事前通告のミサイル 冷戦が続くとは思ってたけど 本格的に軍事衝突あるかも 北朝鮮じゃなくて 中国やで ゾッとした

中共としては牽制のつもりなのだろうがこれは却って逆効果。 こうして滅びの道を突き進むんだろうね。

遂に威嚇を開始して来たな! これは宣戦布告と取れる内容だ! アメリカは現実問題として中国基地破壊作戦に出る 可能性が強く成った。 B2、B1-Bとステルス戦闘機で空爆開始だ!

おいおいおいおい アホか中共! アメリカは日本と違ってケンカ買うぞ。

 

「北かと思ったら親玉か!」、「米中戦争か?」と言った声が多くみられました。

 

個人的には、今回のミサイル発射→即「米中戦争」とはならないとは思います。ですが、今後の展開は中国側の出方によるのでは?という意見です。

 

現在アメリカでトランプは、再選を目指した大統領選挙においてバイデン候補の民主党に「苦戦」を強いられいる状況。

 

トランプとしてはオバマ民主党の政権下で中国に「擦り寄り」、下手に出て「甘やかした」から中国が増長して現在の状況になったと痛烈に民主党を批判しており、その立場からも対中政策において一歩も引かないでしょう!

 

トランプの支持層は、そうのような彼の言動や行動を強く支持しており、それがゆえに特に今のご時勢に「民主党」に政権を渡せないと確信しています。

 

米国、南シナ海軍事化でビザ制限

 

事実、ポンペオ米国務長官は26日、米国は中国の南シナ海における「軍事化」の埋たてや軍事拠点化に対して関与した中国人のビザを制限すると発表。

 

これに関連して米商務省も、米国企業からの製品輸出を禁じる海外企業リストに中国企業24社を加えると発表しました。(出典 : YAHOOニュース

 

また、米国は中国が南シナ海の大部分で主張する領有権について「完全に違法だ」と否定しています。

 

トランプ政権、全く中国に対して折れる気配なし!

 

さて、中国も大きくなった経済と軍事力を背景にやりたい放題やって来ましたが、どう出るでしょうか?

 

スポンサーリンク

中国が弾道ミサイル発射!?【まとめ】

まとめ

 

以上、中国が弾道ミサイル発射!?米国を牽制か?米中戦争の引き金?でした。

 

ここで簡単に、今回の記事のおさらいをしてみたいと思います。

 

►中国が南シナ海に弾道ミサイル2発を発射!?

►米国の偵察機が飛行禁止区域に侵入に対して中国が牽制

►即「米中戦争」に直結はしないが、アメリカは折れないと予想

 

後は中国がどう出るかにかかっていそうです。ただ、もしトランプが選挙に負けて再び「民主党」政権が誕生すると、状況がガラッと変わりそうですが、、、

 

日本も某国のスパイみたいな議員を排除して、有事に備えた諸々の整備をしっかりしていかないと国が守れないでしょうね。

 

なんだかんだで中国に一番近いのは日本で今「バッチバチ」のアメリカの同盟国の訳ですから、事が起こってから「知らぬ存ぜぬ」は決められないでしょう。

 

日本もそろそろ「腹をくくる」時が来たと思います。アメリカさんも、血も流さず何にもしない同盟国を守ってくれませんから。

 

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

ブログ記事一覧へ≫

 

スポンサーリンク
中国が弾道ミサイルを発射
最新情報をチェックしよう!